あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング!チームワークを活かしてせどり業界に革命を。

Amazonの返品方法!プリンターなしで返金するやり方を図解。

Amazonで商品を購入するときは、間違いなく自分のほしいものを購入するはずです。

 

支払いの手順もある以上、そうそう「間違えた商品を購入してしまった」ということはあまりないはずです。

 

しかしながら、時に、届いた商品が間違えているものだった、ということもあるでしょう。

 

ここでは、そんな時に役立つAmazonの返品方法についてまとめていきましょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

Amazonの返品方法!プリンターなしでも大丈夫

 

 

Amazonで商品を返品するのはそう難しいことではありません。

 

まずはAmazonのホームページ上部にある「注文履歴」を確認しましょう。

 

すると、自分が注文した商品が表示されます。

 

この商品の横に、「商品の返品」という文字があるのでクリックしましょう。

 

 

ここをクリックすると、「なぜ返品するのか」という理由を表記する画面に行きます。

 

 

「返品の理由」のタブから自分が返品する理由に最も近いものを選んでください。

 

例えば、商品が頼んだものと違うのならば、「注文した商品とは違う商品が届いた」といった具合です。

 

ここの返品理由で噓をつくと、返金が認められない可能性があるので正直に書いてください。

 

例えば、「注文を間違えた」などの自分本位の理由でも、期間内であれば問題なく受け付けてもらえます。

 

例えば、「購入したけれどサイズがあわなかった」などの理由で返品する場合は、タブで「注文を間違えた」を選び、その下に出る詳細な理由を併記する空欄でその旨を書いてください。

 

理由を書いたら、あとは「返品」をクリックしましょう。

 

すると、返品用のラベルを印刷する画面に来ます。

 

プリンターが自宅にあるのなら、プリンターでこれを印刷し、商品を送り返せばそれで万事解決です。

 

しかし、プリンターがない場合はここから一工夫をしなければなりません。

 

以下では、自宅や事務所にプリンターがない場合にAmazonに返品を願い出る方法についてまとめていきます。

 

具体的に、プリンターがない場合に返品用の書類を作る方法は3つあります。

 

  1. コンビニなどの有料プリンタを使う
  2. Amazonからの配送物をラベル変わりに使う
  3. 自分でラベルを作成する

 

それぞれについて詳しく紹介しましょう。

 

方法その1: コンビニなどの有料プリンタを使う

 

コンビニなどには有料プリンタが設置してあるので、これを使って返送用ラベルを印刷することができます。

 

まずはスマートフォンに「netprint」をインストールしてください。

 

インストールしたらアプリを起動し、「netorint」を選択しましょう。

 

すると、会員登録を求められるので会員登録を行ってください。

 

無事に会員登録とログインが終わると、今度はURLの入力を求められます。

 

先ほど表示された書類にURLがあるはずなので、こちらを入力しましょう。

 

すると印刷する範囲を聞かれるので、画面全体を印刷してください。

 

必要な情報を入力したら、「アップロード」を選択し、セブンイレブンに行きましょう。

 

セブンイレブンに来たら、「プリント」から「マルチプリント」「ネットプリント」を選択し、先ほど提示された予約番号を入力してください。

 

すると紙のサイズを聞かれるので、A4をクリックしましょう。

 

20円を入れると、それで印刷は完了です。

 

アマゾンの返品方法!コンビニから着払いで発送するやり方を図解。

 

方法その2: Amazonからの配送物をラベル代わりに使う

 

自分で印刷するのが面倒な場合、Amazonから届けられたものを使って配送ラベルの代わりにすることができます。

 

具体的には、「送り状ラベル」「納品書」「商品に張り付けてあるバーコード」の内、どれかひとつを用意することでも、問題なく返品受付をしてもらうことが可能です。

 

「送り状ラベル」とは、梱包と一緒に入っているラベルのことをいいます。

 

梱包から剥がすことで、返品用のラベルとして使うことが可能です。

 

「納品書」とは、段ボールを開けたときに入っている、商品の内容が記されたもののことをいいます。

 

こちらも送り返すときのラベルとして活用することが可能です。

 

「商品に張り付けてあるバーコード」とは、商品そのもの自体のバーコードとは別に、商品に貼り付けているバーコードのことです。

 

「このバーコードは簡単に剥がれます」と書かれているもののことです。

 

こちらを荷物に入れることでも、問題なく返送手続きを受けることができます。

 

方法その3: 自分でラベルを作成する

 

商品の梱包材等をすでに処分してしまったという場合は、自分でラベルを作成すれば問題ありません。

 

印刷用に出てきた画面の下部分に書いてあるバーコードに注目してください。

 

その下部分に、英数字が書いてあるはずです。

 

これが返品コードになるので、これを手書きで紙に書いてください。

 

わかりやすく適当な紙に、「返品理由受付 xxxxxxx」のように書けばいいでしょう。

 

この紙を、Amazonの段ボールに入れておくことで、あとはAmazonの職員が受け付けてくれます。

 

以上のように必要なものを段ボールに入れ、あとは商品を発送するだけです。

 

発送する先の住所は、先述した印刷画面に表示されています。

 

この住所を控えて、発送できる場所にお願いしていきましょう。

 

利用できるものはどこでも構いません。

 

最もポピュラーなのが日本郵便で、他にもヤマト、佐川などでも返品は可能です。

 

このように、Amazonの返品の手続きは、例えプリンターがなくても問題ありません。

 

手順さえ覚えておけば、誰でもすることが可能です。

 

泣き寝入りをせず、返品できるものは返品しておきましょう。

 

注意! Amazonの返品で気を付けるべき点

 

注意! Amazonの返品で気を付けるべき点

 

Amazonの返品についてまとめましたが、その際、いくつか注意しておくべき点があります。

 

中には、自分の利益に直結するものもあるので、しっかりと把握しておきましょう。

 

1. 送料はこちらが支払う

 

どんな理由で返品するにせよ、送料はこちらが支払うことになることが多い点には注意してください。

 

「間違えた」「サイズが違った」「気に入らなかった」等の自分本位の理由はもちろん、「初期不良」といったメーカー側の理由も送料はこちらが支払います。

 

Amazon側が送料を支払ってくれるのは、「流通の途中で傷ついた」「FBAでの手違いがあった」「送る商品を間違えた」といった、100%Amazon側が悪い場合に限ります。

 

適当な箱で送ってしまうと、予想以上に金額が高くなってしまうので注意しましょう。

 

2. 開封した場合は減額される

 

返品といっても、必ずしも全額が返金されるわけではありません。

 

すでに商品を開封してしまった場合や、1度以上使用した場合は「中古品」扱いになるので、返金金額から引かれてしまいます。

 

具体的にどの程度引かれるのかは担当者の裁量次第なところもありますが、ほとんどは半額しか返金されないので注意しましょう。

 

送料とあわせると、実質的な返金金額が非常に安くなってしまう可能性もあります。

 

場合によって、その商品をフリマアプリに出した方がお金を回収できる場合があるので、よく考えて返品するようにしたいところです。

 

なお、それに関連して、箱を捨ててしまった場合は返品および返金は不可能です。

 

商品が届いたときに入っていた箱は出来る限り保管しておきましょう。

 

3. 返品が不可能なことも

 

返品が不可能な商品も存在します。

 

例えば雑誌、医薬品、食品、大型家具、Amazonパントリーで購入したものはAmazon側の理由でなければ返品ができません。

 

注意しましょう。

 

以上、Amazonの返品をプリンターなしで行う方法についてまとめました。

 

Amazon側の理由で間違えたものを購入してもらい、泣き寝入りしてしまうぐらいなら、しっかりと返品したいところです。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^