あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング。確定申告情報配信中!!

失敗は成功のもと!仕事やせどりで失敗したときの立ち直り方は偉人から学ぶ。

失敗をすることは、誰にでもあるものです。

 

どんな完璧に見える人であっても、何かしら失敗を経験しています。

 

文字にしてみれば、それは当たり前のことのように思えるかもしれません。

 

しかしながら、いざ自分が失敗の当事者になってみると、意外と失敗から立ち直るのは難しいものです。

 

なのでここでは、失敗してしまったときに立ち直るための考え方を、偉人から学んでいきましょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

失敗は成功のもと! まずは考え方を切り替えましょう

 

失敗は成功のもと! まずは考え方を切り替えましょう

 

仕事やせどりで失敗してしまったとき、どんな気持ちになるでしょうか。

 

「自分が情けない」「周りの人の評価が怖い」「後悔してしまう」、など、人によって色々な反応があると思います。

 

ただ、これらの共通しているのは「失敗=悪」であるという考え方です。

 

まずはじめに、失敗は悪ではない、という考え方を持つようにしましょう。

 

こう述べると、反論が無数に浮かんでくると思います。

 

自分の財産が大きく傷ついた、周りの人に迷惑をかけた、会社に多大な損害を負わせてしまった……

 

実利的な被害が出てしまった「失敗」の何が良いのか、と考えてしまう方は多いでしょう。

 

しかし、そうした失敗自体は決して悪ではありません。

 

失敗はひとつの経験なのです。

 

むしろ、失敗したからこそ、そこから学ぶことができます。

 

例えばせどりのために仕入れた商品が大幅に値下がりしてしまい、大きな赤字が出てしまったとしましょう。

 

それは確かに仕入れたこと自体が失敗といえますが、次に仕入れるときに、「この商品が値下がりするタイミングはあるのか」という考え方を持つことができるようになります。

 

会社での失敗でも同様で、何か失敗して会社に損害を与えてしまったとしても、同じ失敗を繰り返さないように動くことができるでしょう。

 

それは、実際に自分が経験したからこそできることです。

 

俗にいう失敗は成功のもととは、失敗を「経験」と捉えることによって、失敗を成功の糧にすることを示しています。

 

加えて、失敗してしまった時、その内容を分析することも重要です。

 

先述したせどりで失敗してしまった例を挙げましょう。

 

「商品を赤字で売ってしまった!自分はせどりに向いていない!」

 

失敗してしまうと、このように考える方は多いと思います。

 

しかし、客観的に分析してみるとどうでしょうか。

 

事実なのは、「高く買った商品が値下がりしてしまった」ということだけです。

 

「せどりに向いていない」かどうかは自分の想像であり、事実ではありません。

 

このように、失敗の事実に際して、自分の想像で落ち込んでしまうことは少なからずあります。

 

失敗してしまったときは、自分の想像と事実を切り離して考える癖をつけるといいでしょう。

 

偉人でも失敗してる! 失敗したときの立ち直り方を偉人から学ぼう

 

偉人でも失敗してる! 失敗したときの立ち直り方を偉人から学ぼう

 

上述したように失敗を捉えても、いざ自分が失敗の当事者になってしまうと、立ち直りは難しいものです。

 

しかし、失敗は成功のもとというのは、世界中の偉人が証明していることなのです。

 

以下では、失敗から立ち直り、歴史に残る偉業を残した偉人達のエピソードを紹介し、彼らから失敗の立ち直り方を学んでいきましょう。

 

トーマス・エジソン

 

エジソンといえば、電球の礎を築いた人として有名です。

 

彼は子どもの頃は学習能力が低いと乏しめられ、仕事は失敗したことによって二回も解雇されています。

 

しかも、彼の名前が現代まで伝えられることになる電球の発明も、驚くほどの失敗を積み重ねた末の成功でした。

 

しかし、彼は言います。

 

「わたしは失敗なんてしたことがない。わたしは、電球が光らないという発見を2万回行った」

 

つまり、彼が電球を発明するまでに作り出した無数の失敗作は、「この素材では不可能だという発見」をした道程に過ぎなかったのです。

 

彼から学べることは、「失敗は未来への糧になりうる」ということでしょう。

 

チャールズ・チャップリン

 

チャールズ・チャップリンは、黎明期の映画を支えた「喜劇王」と呼ばれた偉人です。

 

舞台俳優としても一流で、彼以上にコミカルな動きを行える人はいないとさえ言われています。

 

チョビ髭に山高帽、張り詰めたスーツと丈のあっていないズボン、ステッキにドタ靴という彼のスタイルは、コメディの典型例として今もなお語り継がれているスタイルです。

 

しかし、彼の半生は決して恵まれたものではありませんでした。

 

彼は救貧院を転々とし、毎日の食事すらもままならない状態だったのです。

 

仕事をはじめるもいずれも長くは続かず、それでも毎日食べるために働き続けました。

 

その後、彼は役者として大成することになりますが、その際、こんな言葉を残しています。

 

「人生に必要なのは勇気と想像力、それにほんの少しのお金だ」

 

彼が前半生、無数に失敗を繰り返しました。

 

しかしそれでも、彼は俳優というチャレンジを辞めなかったのです。

 

それは彼に勇気があったからであり、自分が俳優になれるという想像力があったからこそ彼は大成することができました。

 

彼から学べることは、「失敗しても続けることは大事」だということでしょう。

 

ウォルト・ディズニー

 

「ディズニー」の名前を知らない人は、ほとんどいないと思います。

 

お馴染みのキャラクターたちが繰り広げる夢の世界を作り上げたウォルト・ディズニーもまた、驚くほど失敗を積み重ねてきました。

 

彼の失敗は、若い頃働いていた新聞社を解雇されたところから始まります。

 

その理由について尋ねると、「お前は創造性に欠ける」と言われたそうです。

 

クリエイターからすれば、その言葉は自分の存在を全否定されたかのような言葉でしょう。

 

しかし、ディズニーは諦めませんでした。

 

自分の夢を実現させるために彼は会社を立ち上げますが、様々な理由で会社は3回も倒産しています。

 

莫大な借金を背負い、世間からは後ろ指をさされ、それでもディズニーは諦めませんでした。

 

そしてついに、彼は今のディズニーの礎を作り上げることに成功します。

 

そうした成功した彼は言います。

 

「失敗を気にすることはない。また挑戦すればいいじゃないか」

「私たちに夢を追う勇気があれば、すべての夢は実現する」

 

彼から学ぶことができるのは、あきらめずにチャレンジすることの大切さと、失敗はやり直すことができるということです。

 

カーネル・サンダース

 

日本においても、ケンタッキーのマスコットキャラクターとして人気の高いカーネルサンダース氏。

 

彼の人生は、ほとんど順風満帆でした。

 

彼はレストランの社長として、不自由のない生活を送っていたのです。

 

しかし、彼が65歳のとき、経営していたレストランが経営破綻、廃業してしまいます。

 

レストランのオーナーから一転、毎日の生活も苦しい日がはじまりましたが、彼は自慢のフライドチキンの味に大きな自信を持っていました。

 

彼は車でフライドチキンの営業をはじめたのです。

 

しかし、最初からフライドチキンが売れたわけではありませんでした。

 

最初の内はつらい状況が続き、それでも彼はフライドチキンを作り続けました。

 

その後は、我々も知っている通りです。

 

彼は言いました。

 

「どんな失敗や挫折も、もう一度やり直すチャンスであり、新しいことを始める機会である」と。

 

彼から学べることは、失敗して今までのやり方が通用しなくなったときも、新しいことを始める機会だと捉えることでしょう。

 

大事なのは立ち上がって再チャレンジすること

 

失敗は成功のもと! 大事なのは立ち上がって再チャレンジすること

 

この世に失敗していない人はいません。

 

今や世界的地位のある偉人でも、何気なく会話をする隣人でも、大なり小なり失敗をしています。

 

今まで一切挫折や失敗のない人生を送ってきた人は、むしろ人生経験が薄い人だといえるでしょう。

 

そのため、大切なのは失敗しないことではなく、失敗したことに対してどう立ち直るかです。

 

せどりや仕事でも、その失敗を糧にし、次に進むことが大切だといえるでしょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^