あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング!チームワークを活かしてせどり業界に革命を。

確定申告のやり方【個人事業主編】準備するものと申告書を作成する方法を紹介!

確定申告を行わなければならない人の中でも、最多の方が個人事業主です。

 

とりあえずビジネスはそれなりに成功したものの、確定申告に係わる手続きを行っていないがために、実質的に脱税行為を行ってしまう人も少なくありません。

 

ここでは、そうした意図しない法律違反を避けるため、個人事業主の確定申告についてまとめていきましょう。

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

個人事業主とは? 確定申告をしなければならない理由

 

個人事業主とは? 確定申告をしなければならない理由

 

そもそも、法律用語としての「個人事業主」とはいったい何を示しているのでしょうか。

 

法律に則って言うのなら、「企業に属さず、個人で何らかの事業を行い、利益を得ている人」のことを示しています。

 

例えば、せどりを行う人、アフィリエイトで稼いでいる人、フリーの記者として働いている人などはすべからず個人事業主です。

 

平たく述べれば、企業に属さず、かつ公務員等でない状態でお金を稼いでいる人は、個人事業主となります。

 

では、なぜ個人事業主は確定申告を行わなければならないのでしょうか。

 

なぜならば、個人事業主は確定申告を行わなければ納めるべき所得税の金額がわからないからです。

 

企業等に雇われている人であれば、企業が支払った金額から所得税を算出してくれます。

 

これが年末調整です。

 

一方、個人事業主の所得金額はその人自身しかわからないので、その人が計算して国に所得の金額を申請しなければなりません。

 

もし確定申告を行わなければ、国が税金を調査し、督促状が送付されます。

 

この際に請求される税金の金額は当然高額になりますし、最悪の場合、追加徴収という形でかなりの重税を課される可能性もあるのです。

 

ただし、確定申告を行うことはデメリットしかないというわけではありません。

 

確定申告を行うことによって、納税者が得をすることもあるのです。

 

具体的には、確定申告を行えば支払う税金の金額を減らすことができます。

 

例えば、個人事業が赤字だった場合は翌年度の黒字と相殺して計算することができますし、青色申告を利用すれば所得金額を低く見積もって計算することが可能です。

 

また、事業を行う際に税金を納めすぎていた場合は、お金を還元してもらう可能性もあります。

 

このように、確定申告は決して悪いことばかりではないのです。

 

個人事業主の確定申告のやり方! 準備物は何?

 

個人事業主の確定申告のやり方! 準備物は何?

 

個人事業主が確定申告を行おうと考えたとき、まず準備しなければならないのが帳簿です。

 

青色申告の場合は「青色申告決算書」、白色申告の場合は「収支内訳書」がなければいけません。

 

いずれの場合も「1年間で個人事業主がどれくらいの利益を得たのか」を証明する書類です。

 

この書類は自分で作成する必要があります。

 

ひとつずつ記入するか、もしくは帳簿ソフトなどを活用して作成しましょう。

 

加えて、確定申告に必要な「確定申告書」を記入の上で提出しなければなりません。

 

確定申告書はインターネット上でダウンロードするか、税務署でもらうことができます。

 

たくさん種類がありますが、個人事業主が使うのは「確定申告書B 第一表」と「確定申告書B 第二表」の2枚です。

 

以上に加えて、還付金を受け取るための銀行口座、押印するための印鑑、身分証明書を持っていきましょう。

 

まとめると、確定申告に必要なものは以下の通りです。

 

1.確定申告書B

2.収支内訳書/青色申告決算書

3.控除関係の書類

4.銀行口座

5.印鑑

6.身分証明書

 

以上のものの準備が整ったら、あとは提出するだけです。

 

しかし、このときにわからないことが多いのが、確定申告書でしょう。

 

以下では、確定申告書の作成の流れを説明していきます。

 

確定申告書を作成する方法を紹介!

 

確定申告書作成の方法を紹介!

 

確定申告の流れは、簡単に分割すると3つの流れに分けられます。

 

その流れは以下の通りです。

 

1.1年間の売り上げと経費を計算する

2.計算を元に収支内訳書/申告決算書を作成する

3.確定申告書を作成する

 

この流れを行う際、ややこしいのが書類の作成です。

 

そのため、書類の作成方法に関してはしっかりと調べた上で行うことが多いと思うのですが、経費計算に関してはおざなりにする方も多いようです。

 

しかし、売り上げと経費の計算をしっかりと行わなければ他の書類も間違ったものになってしまうので注意しましょう。

 

問題なく経費と売り上げの計算を完了したら、次に確定申告書を作成しなければなりません。

 

確定申告書には、収支と控除を記入する必要があります。

 

まず、氏名と事業所名を記入したら、次に「収入金額」「所得金額」の欄を記入しましょう。

 

個人事業主であれば、この時点で収支計算書等を計算していると思うので、「収入金額等」に収入金額を、「所得金額等」に所得金額を、そして合計金額を記入してください。

 

次に記入するのが、「所得から差し引かれる金額」という欄です。

 

この欄には、事業に関連する控除や、法律的に差し引くことが許されている控除を記入します。

 

例えば、大きな病気をしたときの医療費控除、社会保険料控除といったものです。

 

ここに記入することで、所得金額をさらに低く計算することができます。

 

ただし、ここで控除を受けることができるのは一定の条件を満たした人のみです。

 

自分が控除の対象になるかどうかを把握し、加えて、どの程度控除されるのか、自分の状況をしっかりと把握しておきましょう。

 

ここまで全ての欄を埋めたら、次は右のあたりにある「税金の計算」を記入してください。

 

この欄では、欄に書いてあることに従って計算を行えばいいだけです。

 

計算が完了したら、あとは計算を記入しましょう。

 

なお、税金の計算方法は「税率」と「控除額」によって決まります。

 

詳しい控除額は説明されるので自分の金額を当てはめてください。

 

そして最後に「その他」の欄を記入してください。

 

ここは、給与を与えている場合に記入する欄です。

 

他にも、青色申告特別控除の金額や、源泉徴収額、前年の繰り越し損失額を記入します。

 

ここに記入することで、こちらも控除金額として考慮してもらうことが可能です。

 

これで「第一表」の記載は終了です。

 

記載すればわかるように、第一表はすでに収支に関する書類を作成してさえいれば、それほど難しくありません。

 

次に、「第二表」の記載に移ってください。

 

個人事業主の第二表は、基本的に書くことはそれほどありません。

 

考えなくても埋めることができると思うので、とりあえず埋めていきましょう。

 

なお、従業員を雇っている場合は、それぞれの氏名・年齢等を記載する欄があります。

 

この欄も埋めて、確定申告書は完成です。

 

このように、確定申告書自体は書く欄こそ多い物の、「何を書けばいいのか」がわかっていれば、そう難しいものではありません。

 

しかし、問題になるのがやはり「経費の計算」です。

 

全ての売り上げから経費を削減するのですが、その際、経費の仕訳が意外と面倒が多いのです。

 

特に今まで一切仕訳をしていないと、経費の計算と仕訳がかなり面倒になります。

 

確定申告をする際は経費計算をしっかりと! ソフトに頼る方法も

 

 

確定申告それ自体は、それほど難しい作業ではありません。

 

しかし、確定申告に使う収支内訳書を作成するのは、意外と面倒が多くなります。

 

特にせどりでそれなりの利益を出そうと思うと、予想していた以上に記入するものが多く、面倒になりがちです。

 

その際、頼りになるのがいわゆる「青色申告ソフト」です。

 

普段から取引の収支をソフトに管理させておけば、簡単に収支報告書を作成することができます。

 

そうしたソフトを利用したくない、利用するのが面倒だという人は、税理士の方や税務署の方に相談するのもひとつの手です。

 

自分にとって適切な手段を講じ、しっかりと確定申告を行うようにしましょう。

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^