あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング!チームワークを活かしてせどり業界に革命を。
【随時更新中】出品規制解除できるメーカー一覧!

【随時更新中】出品規制解除できるメーカー一覧!

アマゾンで出品できる商品の中には、出品規制がかかっているものが存在しています。

 

出品規制のかかっている商品は基本的には出品することができません。

 

また、後から出品規制がかかった場合はアマゾン側から通達が来て、必要な対応を行わなければなりません。

 

しかし、出品規制とは決してアンタッチャブルなものではありません。

 

ものによってはワンクリックで規制を解除することができます。

 

そこでここでは、アマゾンの出品を規制しているメーカーの中で、ワンクリック解除が可能なメーカーについてまとめていきましょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

ワンクリック解除が可能なメーカー一覧!

 

ワンクリック解除が可能なメーカー一覧!

 

ワンクリック解除が可能なメーカーは以下の通りです。

 

ただし、メーカーによっては解除の際に特別な配慮が必要になることもあります。

 

そのため、適当に解除を申し出ると、思わぬ面倒が起きてしまうことがあるのです。

 

そこでここでは、配慮が必要なメーカーと、そうでにあメーカーについてそれぞれ紹介していきましょう。

 

特別な配慮が必要のないメーカー

 

ここで記載するメーカーは、基本的には特別な配慮の必要ないメーカーです。

 

出品規制を解除したい場合は、商品画像の横にある「出品規制の解除を申請する」というボタンを押すだけで解除ができます。

 

「出品規制がかかっているから」という理由でこの中のメーカーを避けているという方は、ぜひ一度出品規制の解除を考えてみてください。

 

具体的なメーカー名は以下の通りです。

 

 

おもちゃ系

 

  • COLUMBIA
  • GOOD SMILE COMPANY
  • J storm
  • LEGO
  • Peeple
  • PONY CANYON
  • SEGA TOYS
  • STUDIO GHIBLI

 

家電系

 

  • APPLE
  • BEATS
  • BenQ Japan
  • BOSE
  • BROTHER
  • BRUNO
  • BUFFALO
  • CANON
  • CAPTAIN STAG
  • CASIO
  • Coleman
  • COMTEC
  • DELL
  • DJI
  • dretec
  • Dyson
  • ELECOM
  • ELPA
  • EPOCH
  • EPSON
  • FUJIFILM
  • G-SHOCK
  • GOPRO
  • HUAWEI
  • JBL
  • LIXIL
  • LOGOS
  • Makita
  • Microsoft
  • NIKON
  • OLYMPUS
  • Panasonic
  • PENTAX
  • phiips
  • RICOH
  • Samsung
  • SanDisc
  • SHIMANO
  • Shop Japan
  • SIGMA
  • SONY
  • TAMRON
  • TANITA
  • THERMOS
  • YAMAHA
  • ZIPPO
  • ZOJIRUSHI
  • エレコム
  • サンディスク
  • ゼンハイザー
  • ソースネクスト
  • ブリタ
  • ランコム
  • BOSE
  • LG
  • BenQ
  • CAPTAIN STAG
  • DJI
  • ELECOM
  • リコー
  • アイオーデータ
  • DELL
  • ASUS

 

アパレル系

 

  • A BATHING APE
  • Abercrombie & Fitch
  • adidas
  • BOTTEGA VENETA
  • BRUNO
  • BURBERRY
  • CALVIN KLEIN
  • CANADA GOOSE
  • Canada Goose
  • CHAN LUU
  • CHANEL
  • Chloe
  • Christian Louboutin
  • COACH
  • CONVERSE
  • Crocs
  • Daniel Wellington
  • Dior
  • Dunhill
  • Ed Hardy
  • emu
  • Ergobaby
  • FENDI
  • Ferragamo
  • FJALL RAVEN
  • Giorgio ARMANI
  • GIVENCHY
  • GOYARD
  • GUCCI
  • GUESS
  • HUNTER
  • IL BISONTE
  • LeSportsac
  • LONGCHAMP
  • LOUIS VUITTON
  • MARC BY MARC JACOBS
  • Mila schon
  • MINNETONKA
  • MONCLER
  • NEW BALANCE
  • NIKE
  • omega
  • Orobianco
  • PANERAI
  • Paul Smith
  • Polo Ralph Lauren
  • PRADA
  • PUMA
  • RAY-BAN
  • Razer
  • Salvatore Ferragamo
  • TATRAS
  • TIFFANY
  • TOD’S
  • Tommy hilfiger
  • TOMS SHOES
  • TORY BURCH
  • VANS
  • Vivienne Westwood
  • コンバース
  • ニコン

 

ビューティー

 

  • Celvoke
  • ecostore
  • Essie
  • ESTEE LAUDER
  • F organics
  • giovanni
  • HUMBLE BRUSH
  • L’Artisan Parfumeur
  • LAB SERIES
  • MDNA SKIN
  • NYX
  • PENHALIGON’S
  • RANCÉ
  • ReFa
  • to/one
  • Celvoke
  • ecostore
  • Essie
  • Forganics
  • giovanni
  • HUMBLE BRUSH
  • MDNA SKIN
  • NYX
  • to/one
  • PENHALIGON’S
  • LAB SERIES
  • L’Artisan Parfumeur
  • RANCÉ

 

その他・複合系

 

  • T-fal
  • YAMAHA
  • JCBケンウッド
  • MSI
  • TOTO
  • logicool
  • SHURE
  • lon Audio
  • 日立
  • タイガー
  • キングジム
  • 象印
  • ゼブラ
  • コクヨ
  • キャノン
  • オリンパス
  • ペンタック

 

特別な配慮が必要あるメーカー

 

メーカーの中には、申請の際に特別な配慮が必要になる場所もあります。

 

以下のメーカーは、申請の際に特別な配慮が必要になる可能性があるメーカーです。

 

それぞれについて、配慮すべき事項をまとめていきましょう。

 

Micro Soft

 

重要なのが、英語で表記されている「Microsoft」に解除申請を出すことです。

 

日本語の「マイクロソフト」に解除申請を出すと、高確率で解除申請を却下されてしまうので、解除申請を出すときは「Microsoft」に出しましょう。

 

バンダイスピリッツ

 

バンダイスピリッツとは、いわゆる「ガンプラ」などを販売しているバンダイの子会社です。

 

バンダイのホビーは非常に人気が高く、回転率も高いため、販売するのにはぴったりな商品といえます。

 

しかし、バンダイの商品には出品規制がかかっており、通常の「バンダイ」名義の商品の出品解除は、ワンクリックではいけません。

 

一方、「バンダイスピリッツ」が販売している商品は、ワンクリック解除が可能です。

 

バンダイが解除できなかったからといって、バンダイスピリッツの商品をあきらめるのはもったいありません。

 

しっかりとチェックしましょう。

 

このほかにも、よく似たメーカーが出品許可を行っていなかったり、特定の表記では許可が下りなかったりします。

 

もしワンクリック解除ができない場合は、こうした特別な配慮が必要な可能性があるので注意してください。

 

ワンクリック解除のポイント。ひとまずチャレンジしてみましょう

 

ワンクリック解除のポイント。ひとまずチャレンジしてみましょう

 

いわゆる「ワンクリック解除」とは、「出品許可を申請」をクリックしたとき、すぐに解除できるかどうかを表しています。

 

商品を出品する際に該当するメーカーを選び、そこに出る「出費許可を申請」をクリックすることで、ノーリスクでワンクリック解除を試すことが可能です。

 

「必要書類を提出してください」と出ている場合は、ワンクリック解除ができず、請求書を提出しなければなりません。

 

ただ、請求書の提出イコール、絶対に出品規制が解除できないわけではありません。

 

アマゾンの求める形で請求書を提出することができれば、出品規制を解除することができます。

 

とはいえ、通常の出品規制解除よりも時間も手間もかかるので、「自分がどうしても売りたい」と思うものに限って、請求書の提出を検討してみるといいでしょう。

 

なお、出品規制を解除すること自体は、アマゾンで商売をする上で絶対的に重要であるというわけではありません。

 

なぜなら、実際に出品規制がかかわってくるのは、「自分が販売するもの」だけだからです。

 

それ以外の商品は、出品規制を解除してもあまり意味がありません。

 

よって、ここに挙げたものをすべてを出品解除申請するのではなく、自分の販売する可能性があるものに絞って出品規制を解除しましょう。

 

また、申請のワンクリック/非ワンクリックは時期によって変動することも多くあります。

 

逐一最新の情報を集めることを意識しましょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

【随時更新中】出品規制解除できるメーカー一覧!
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^