あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング!チームワークを活かしてせどり業界に革命を。
値札シールをきれいにはがす!

【100均活用術】値札シールをきれいにはがす!スクレイパーとスプレーでベタベタでも問題なし。

商品を購入し、値札シールを剥がそうとしたら失敗して残ってしまった、という経験をしたことはないでしょうか。

 

せっかく購入してきた商品にシールの痕が残ってしまうのは視覚的にも嫌ですし、できるなら避けたい事態だと思います。

 

そこでここでは、100均で購入できる品物で、値札シールを綺麗にはがす方法を紹介していきましょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

シールを綺麗に剥がす【道具一覧】

 

シールを綺麗に剥がす方法紹介! 道具を使いましょう

 

シールを綺麗に剥がしたいのなら、おすすめしたいのは道具を使う方法です。

 

使う道具は、シールが貼っている材質によって異なります。

 

材質がプラスチックや金属など、傷つきづらいものであれば簡単です。

 

しかし、本などの傷つきやすいものになると、値札シールを剥がすのも一苦労します。

 

では、具体的にどのようなものがシール剥がしに活躍するのでしょうか。

 

具体的には、「シール剥がし専門に作られたもの」と、「日用品」にわけられます。

 

基本的にはシール剥がし専用に作られたもののほうが効果をあげやすいですが、日用品であれば、コストをかけずにシールを剥がせます。

 

自分の事情にあわせて、最適なものを選びましょう。

 

具体的に、それぞれで使えるものは以下の通りです。

 

なお、日用品は新規で購入する場合、できる限りコストのかからないものを選びました。

シール剥がし専用に作られたもの

  1. スクレイパー
  2. スプレー

日用品

  1. ウェットティッシュ
  2. ライターオイル
  3. 除光液
  4. 消しゴム
  5. 中性洗剤

 

スクレイパーとは、シールを剥がすために作られた器具です。

 

シールを剥がすために売られているものは、サイズが小さく、どこにでも置いておけます。

 

他にも、大型の車両に取り付け、除雪に使うものもあります。

 

百均で購入できるものは手持ちサイズで、どこでも売っているので手軽に入手可能です。

 

スプレーとは、「シール剥がしクリーナー」と呼ばれる商品です。

 

粘着力のあるものと物体の隙間に入り込み、滑りやすくしてから一気に剥がせます。

 

こちらもダイソーなどで販売されているので、ほしいと思えばいつでも入手可能です。

 

除光液は、主にマニキュアを落とすために使うアイテムとして、女性の間で親しまれています。

 

男性にとってはあまり馴染みのないものだと思いますが、女性にとってはポシェットの必須用品です。

 

持っていないという方でも、知り合いの女性にいえば貸してもらえると思います。

 

中性洗剤とは、主に台所で使われるような洗剤のことです。

 

食器で使われるような洗剤なので、手についても問題ないのが特徴です。

 

自宅でご飯を食べる人なら誰でも持っているとおもうので、こちらも使いやすい日用品といえるでしょう。

 

ただし、どうしても液体なので、本などの紙製品についたシールを剥がすのには向いていません。

 

値札シールの剥がし方【古本編】

 

値札シールの剥がし方!【古本編】

 

古本の値札シールを剥がしたいのなら、「ウェットティッシュ」と「スクレイパー」、「消しゴム」がおすすめです。

 

これ以外の方法ですと、水分が広範囲に染み込んでしまうため、おすすめできません。

 

具体的な方法を、道具別に紹介していきます。

 

ウェットティッシュを使って値札シールを落とす方法

 

  1. ウェットティッシュで値札シールを擦る
  2. ふやけてきたら乾燥した普通ティッシュで擦る
  3. 丸まったカスを取って綺麗に仕上げ

 

ウェットティッシュを使うときは、アルコール分を含んだものを使いましょう。

 

あまり湿り気の強いものだと本に染み込んでしまう可能性があるので、適度な湿度があるものが理想です。

 

非常に手軽で使いやすい方法ですが、ウェットティッシュを使う以上、どうしても表紙を少し痛めてしまう可能性があります。

 

特に、水分に弱いタイプの表紙にシールが貼られている場合は、別の方法を試したほうが無難です。

 

ただ、一般的な単行本コミックなどの表紙に用いられる石油ペーパーに貼られているシールを剥がすのなら、ぴったりな方法といえるでしょう。

 

コツは、ウェットティッシュでシールを擦るときに出来る限りふやけさせることです。

 

スクレイパーを使って値札シールを剥がす方法

 

  1. シールの端をスクレイパーですくう
  2. そのままゆっくりと剥がしていく
  3. 削るように何度も繰り返す

 

スクレイパーを使う際は、力押しにならないように注意が必要です。

 

思い切り擦ってしまうと、表紙の部分まで削ってしまい、跡が残ってしまいます。

 

スクレイパーの突起部分をうまく滑り込ませ、シールを浮かせるようなイメージで動かしましょう。

 

スクレイパーだけで残留物が残ってしまう場合は、ウェットティッシュなど、他の方法と複合的に組み合わせる方法がおすすです。

 

その際も、アルコール成分が含まれているものにするといいでしょう。

 

シールを綺麗に取り去りたい場合は、力を入れて一度でやるのではなく、ゆっくりと削るのがおすすめです。

 

消しゴムを使って値札シールを探す方法

 

  1. 自分の好きな方法でシールを剥がす
  2. 残ったシール跡に対して消しゴムをかける
  3. ベタベタが削れて取れていく

 

消しゴムは擦る時に強い摩擦を発生させ、接地面のものを巻き込んで消しカスになります。

 

鉛筆で書かれた文字が消えるくらいですから、当然ながら、シール跡に残ってしまったベタベタも消しカスと一緒に混ざって取ることが可能です。

 

巻き込む力の関係から、古いものよりも新しいものを使ったほうがいいと思います。

 

あまり強くこすってしまうと、紙ごと削れてしまうので、その点は注意しましょう。

 

値札シールの剥がし方【古本以外編】

 

値札シールの剥がし方【古本以外編】

 

古本以外のものから値札シールを剥がしたい場合は、「スプレー」「除光液」「ライターオイル」「中性洗剤」などがおすすめです。

 

これらは液体を使うので、紙媒体のために使うのは向いてません。

 

しかし、プラスチックや金属、ガラスといった硬質の物体に使うであれば、楽にシールが落とせるのでおすすめです。

 

具体的な方法を解説します。

 

スプレーを使って値札シールを落とす方法

 

  1. スプレーを値札シールに吹き付ける
  2. 爪やスクレイパーなど、先端の平たいもので値札シールを削る
  3. 剥がせたら残りを乾いた布で拭いて綺麗にする

 

スプレーは、シールを剥がすために作られた商品なので、かなり簡単に値札シールを剥がせます。

 

危険な成分も入っていないので、値札シールを綺麗に剥がしたいのならおすすめです。

 

特に、購入した商品をもう一度商品として販売する場合や、どこかに売る場合はこちらのスプレーを使ってみるといいでしょう。

 

剥がし終わると、丸まったシールが散らばってしまうので、周りに散らばらないように気を付けましょう。

 

除光液を使った値札シールの剥がし方

 

  1. 除光液をシールの周囲に塗る
  2. 十分に浸透したら、シールを上から擦る
  3. 除光液がシールを剥がして取れる
  4. 取り終わったら軽く水拭きして落とす

 

除光液を使う方法もおすすめです。

 

基本はスプレーを使う方法と変わりませんが、口に入ると有害なシンナーが入っているので気を付けましょう。

 

また、除光液を使うときは窓をあけて、換気のできる場所でしてください。

 

ライターオイルを使った値札シールの剥がし方

 

  1. シールにライターオイルを垂らして30秒ほど待つ
  2. シールが浮いてくるので、乾いたティッシュや布で拭く
  3. ライターオイルを綺麗にふき取る

 

ライターオイルは、シールの粘着力を弱めて浮かせてくれます。

 

シール自体を削ったり、爪で引っかいたりしなくてもとれるので、高級品の値札シールを落としたいときにおすすめです。

 

ただし、材質によっては貼ってあった素材を痛めてしまう可能性があるので、内容成分と素材には気を付けましょう。

 

中性洗剤を使って値札シールを落とす方法

 

  1. シールの上に中性洗剤を垂らす
  2. その上からラップをかける
  3. 5分程度待つ
  4. シールが浮いてくるので水分を含んだ布で拭きとる

 

中性洗剤には、「界面活性剤」と呼ばれるものが入っています。

 

これのおかげで勝手にシールが浮いていて、楽に剥がせるのでおすすめです。

 

食器などのシールを剥がす時にはぜひ洗剤をつかいましょう。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

値札シールをきれいにはがす!
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^