あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング!チームワークを活かしてせどり業界に革命を。
プライスターがkeepaに対応!使い勝手や評判・評判を調査。

プライスターがkeepaに対応!開発に詰められたたくさんの想いとは。

モノレートの閉鎖が決まり、せどり業界に激震が走りました。

 

長年愛用されてきたリサーチツールであり、殆どの人はモノレートに頼っていたので『遂に』と感じたことでしょう。

 

そして次のリサーチツールをどれにするのか、などの話しもチラホラ聞こえてきます。

 

また『プライスター』や『せどりすと』もモノレートをデフォルトにしていたので、急ピッチでkeepaの導入を。

 

プライスターが導入するツールは『keepa(キーパ)』ですが、プライスター独自のロジックも組んでいます。

 

また開発にはたくさんの想いが詰められているので、それらのこともお伝えしていきます。

 

またTwitter情報も随時更新中です。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

公式Twitter情報!

 

 

 

プライスターがkeepa(キーパ)に対応

 

プライスターがkeepa(キーパ)に対応

 

リサーチツールはたくさんありますが、モノレートのようにアマゾンから指摘を受けて閉鎖に追い込まれると使えなくなるため、プライスターは閉鎖の可能性が低いkeepaを導入するでしょう。

 

keepaを以前から使っている人は、使い勝手の良さは理解していると思いますが、今回初めて導入する人は心配かと思います。

 

そのためまずは使用歴のある私の感想をお伝えしていきます。

 

keepaの使い勝手

 

keepaは電脳せどりをするのであれば効率的で凄く便利なリサーチツールのため、私は常に使用しています。

【メリット】

・巡回頻度が早いため数値が正確

・グラフが充実している

・アマゾンの商品ページで閲覧できる

・カタログにカーソルを合わせるとミニグラフが表示される

・値下がり通知をメールで受け取れる

【デメリット】

・月額料金がかかる

・グラフが少し読み取りづらい

 

このようなメリット・デメリットがありますが、メリットのほうが圧倒的に多いです。

 

また、電脳リサーチをする際は『カタログにカーソルを合わせるとミニグラフが表示される』のが便利で、リサーチの時短に繋がります。

 

開発に詰められたたくさんの想いとは。

 

プライスターでの使い方に関しては、詳細がわかり次第追加していきます。

 

今回の開発の集大成としてプライスターは独自のロジックを駆使してプライスターリサーチを完成させました。

 

参考:プライスターリサーチとは。『感想』と『評価・評判』を紹介!

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

プライスターがkeepaに対応!使い勝手や評判・評判を調査。
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^