あなたと一緒に歩んでいくOMSコンサルティング!チームワークを活かしてせどり業界に革命を。
アマゾンの引当金の仕訳方法

アマゾンの引当金の仕訳方法【確定申告】会計Freee(フリー)を使ったやり方を徹底図解!

確定申告のときにやらないといけないのが、商品毎の仕分けです。

 

しかしアマゾンには2016年から引当金が導入されたため、引当金の仕訳方が複雑になりました。

 

そこで今回は、アマゾンの引当金の仕訳の仕方を会計Freee(フリー)を使い図解していきます。

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

 

アマゾン(Amazon)の引当金とは。

 

引当金とは。

 

仕訳の前に引当金について簡単に説明していきます。

 

2016年7月までにアカウントを開設したセラーは引当金がありませんが、それ以降に開設したセラーには引当金が存在します。

 

なぜ引当金制度を導入したのか?

 

商品が売れたけど返品になったときに引当金から返金分を支払うためです。

 

引当金が無い場合で考えるとわかりやすいので、こちらで説明しますね。

 

極端な例ですが、引当金が無いセラーが購入者からに返金が10万円あったとします。

 

この10万円は販売したセラーが払わないといけないのですが、アマゾンアカウントを解約すれば支払わずに逃げることができてしまいます。

 

その後アマゾンから訴えられると思いますが、アマゾンからすればこのような状況を作りたくないために引当金を一時預かる制度を設けたのでしょう。

 

詳しくは下記の記事にまとめているので参考にしてください。

 

アマゾンの引当金とは。確定申告の仕訳方法も徹底解説!

 

会計Freee(フリー)の引当金の仕訳方法を図解!

 

ここではアマゾンからの入金処理を会計Freeeを使い解説していきます。

 

会計Freeeにログインをしてホーム画面を確認

 

 

まずは会計Freeeにログインをしてホーム画面を確認しましょう。

 

すると上図のような画面が表示されるので「未登録明細を登録する」をクリックします。

 

アマゾンからの入金を探します

 

次に「口座名・取引内容」を確認してアマゾンからの入金を探します。

 

青色になっている部分をクリック

 

青色になっている部分をクリックすると上図の画面にかわります。

 

一旦会計Freeeはそのままにしておき、別タブでセラーセントラルにログインしましょう。

 

支払いの概要を表示をクリック

 

セラーセントラルのホーム画面の右側に「決済情報」があります。

 

その下に「支払いの概要を表示」があるのでクリックしましょう。

 

過去の決済情報をクリック

 

次に「過去の決済情報」をクリックします。

 

「過去の決済情報」をクリック

 

すると上図の画面になるので、会計Freeeで未処理のアマゾン入金金額と同じものを探します。

 

次に該当ヵ所の右側の「概要を表示」をクリックしましょう。

 

「概要を表示」をクリック

 

すると上図の画面が表示されるので、これを会計Freeeに入力していきます。

 

※会計Freeeを使用していなくても仕訳方法は同じなので参考にされてください。

 

現在は会計Freeeとセラーセントラルが開かれた状態かと思います。

 

このまま閉じずに入力を進めていきましょう。

 

入力を進めていきましょう。

 

開いている会計Freeeの画面の「+行を追加」「+控除・マイナス行を追加」をクリックしていきます。

 

「+行を追加」を1回クリック。

「+控除・マイナス行を追加」を1回クリック。

 

すると行が3つ追加され「上の2つはプラス」「下の3つはマイナス」になっているはずです。

 

その次に売上高の金額を削除し正しい数字を入力します。

 

最後に勘定科目・金額を入力すれば仕訳が完了します。

 

会計Freeeの画面

 

ここは少しややこしいので表で説明していきます。

 

勘定科目+ or -税区分金額
売上高(500)課税売上10%期首残高
売掛金(130)対象外売上
売掛金(130)対象外アカウントレベルの引当金
売上高(500)課税売上10%返金
支払手数料(725)課対仕入10%支出

 

勘定科目

 

1番上の売上高は初めから入力されているのでそのまま使用します。

 

上から2番目は「売掛金」もしくは短縮番号で「130」と入力します。

 

上から3番目は「売掛金」もしくは短縮番号で「130」と入力します。

 

上から4番目は「売上高」もしくは短縮番号で「500」と入力します。

 

1番下は「支払手数料」もしくは短縮番号で「725」と入力します。

 

税区分

 

税区分に関しては自動入力されるので特に入力しなくても大丈夫です。

 

金額

 

金額の入力はセラーセントラルを見ながら行っていきます。

 

・プラスの売上高には「期首残高」の金額を入力。

・上から2番目のプラスの売掛金には「売上」の金額を入力。

・上から3番目のマイナスの売掛金には「アカウントレベルの引当金」の金額を入力。

・上から3番目の売上高には「返金」の金額を入力。

・1番下の支払い手数料には「支出」の金額を入力。

 

全て正しく入力できると、会計Freeeの金額は「0」になります。

 

以上が、アマゾン(Amazon)の引当金の仕訳方法になります。

 

引当金制度が導入されてから資金管理が少しややこしくなりましたが、引当金が無くなることはないのでこのやり方に慣れて楽しく物販をしていきましょう。

 

でも確定申告のやり方がわからない!

 

といった人は下記のバナーよりお問い合わせいただくと無料相談が可能です。

 

のんびりしているとすぐに確定申告の期限が迫ってくるので事前準備はしっかりしていきましょう。

 

 

店舗せどりに特化した「カズノスケ」のLINE@に登録すると

「6大特典プレゼント」

特典1:中古電脳マニュアル  

特典2:納品外注化マニュアル  

特典3:実録!3回のアカウント停止から復活した全記録

特典4:最新!真贋調査レポート2019  

特典5:真贋調査対象リスト2019  

特典6:1時間のお電話サポート(ブログ特別特典)

↓の画像をクリックするとLINE@に登録できます!

 

 

特典5までは自動返信ですぐに受け取れますが

特典6の「1時間のお電話サポート」は

ブログ読者様だけの特別特典なので

登録後は「1時間の電話サポートとコメントくださーい ^ ^

アマゾンの引当金の仕訳方法
この記事がいいな!と思ったらフォローお願いします^^